LOG IN

g.o.a.tはあの頃の「ウェブ日記」の匂いがする

by うぇびん

一ヶ月ほどお試しで使っていたg.o.a.tから、実家=屋号ドメインのブログへ戻ったのは一年ほど前の話になる。「オウンドメディア」を捨てられなかったからである。

実家に帰らせていただきます(後ろ髪を引かれつつ) - ウェビンブログ - g.o.a.t

しかし、先日ついにブログを書くことが、ほんとうに嫌になってしまった。
書くことは腐るほどあるのだ。TwitterやFacebookは私の駄文で溢れている。しかしまとまったイベントレポートや考察記事が書けない。またダメ出しになってしまった、間違っているのではないか、面白くないのではないかと不安で仕方がない。

書くことのハードルを、私が無駄に上げてしまっている。

ウェブ日記なるもの

私はCMSのカスタマイズを生業としている。原点はブログよりも前、趣味で書いていたウェブ日記だった。ウェブ日記では交流がしづらく、満足できなかったところに、当時の友人から「Movable Type」のことを教えてもらったのがCMSとの出会いである。

ウェブ日記と言われても若い人はピンとこないかもしれないが、日付のみのアーカイブを持った、掲示板以上、ブログ未満の存在である。2005年のブログブームの頃までは主流で、カテゴリーもタグもコメントもなく、サブドメインですらない。
私は「エンピツ」というサービスを利用していた。2017年になった今もサービスが継続していることに驚く。

あの頃はほぼ毎日何かを書いていた。今なら写真だけインスタにアップして終わるくだらないことや、気になっているゲームの話、その合間に本気で勉強しようと思い始めていたウェブ制作のこと。
「書く」のはもっと気楽で適当で楽しかった。

オウンドメディアから離れて、もっと気軽に書けるところでリハビリしようか、スマホでも書けてドメインも当てられる「はてなブログ」だろうか、と考えたところで、g.o.a.tが心に浮かんだ。
スマホで書くのは難しそうだが、仕事の合間に書くなら、これほどシンプルなブログはない。

「フリーになるよりも、もっと前の原点に帰ろう」と思って帰ってきたのが、最も新しいg.o.a.tとはなんとも皮肉である。
ここはあの頃のウェブ日記の臭いがするのだ。

というわけでg.o.a.tに移動しました

今後、屋号ドメインはシンプルにして、もう少しSNSで書いている雑なこと、最近はあまり書いてこなかった私的なことも含めて、公のブログはここで書いていこうと思っています。技術的なことは、Qiitaでシェアします。
http://qiita.com/webbingstudio@github

カテゴリーはないけどハッシュタグ+検索リンクで代用できないだろうか

#life


うぇびん
OTHER SNAPS